アンリが選んだ! プレミア序盤戦ベストプレイヤー10名

今季の注目選手がズラリ

今季の注目選手がズラリ

躍進ウェストハムを支えるパイェ photo/Getty Images

プレミアリーグが開幕から10試合が経過したところで、元アーセナルFWティエリ・アンリ氏がここまでのベストプレイヤー10名をチョイスした。

1.ディミトリ・パイェ(ウェストハム MF)

ウェストハムの躍進に欠かせないテクニシャンだ。ウェストハムはスラヴェン・ビリッチ監督の下でハードなサッカーを続けているが、アンリ氏はパイェが攻撃にアクセントをつけるブレインになっていると評価した。

2.アレクシス・サンチェス(アーセナル FW)

アンリ氏はサンチェスを特別な才能を持つ選手と評価しており、サンチェスが今の状態を維持することができればどんなタイトルでも獲得できると述べている。

3.メスト・エジル(アーセナル MF)

今季のエジルはプレミアリーグどころか世界的に見ても最高のチャンスメイカーだ。アンリ氏はエジルが毎試合安定したパフォーマンスを見せていると評価し、サンチェス同様にフィットすればタイトル獲得に近付くとの意見だ。

4.サンティ・カソルラ(アーセナル MF)

そのエジルやサンチェスにパスを供給するのがカソルラの役割だ。アンリ氏はカソルラを小さなアインシュタインと表現し、パイェ同様にチームのブレインとして機能していると評価した。

5.ジェイミー・バーディ(レスター FW)

もはや異論はない。現在プレミアリーグ得点王に立つバーディに対し、アンリ氏はパーフェクトと評価。守備面でもハードワークしており、ただ得点を取る選手ではない。

6.アントニー・マルシャル(マンチェスター・ユナイテッド FW)

自身の後継者とも言われているマルシャルに対し、ゴール以外にも良い部分があると評価。マンチェスター・ダービーでも唯一ゴールに向かってトライしていた。

7.セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ FW)

ここまでアンリ氏は負傷していない選手を中心にピックアップしてきたが、負傷離脱の多いアグエロをチョイスした。同氏はサンチェス同様に特別な才能を持つ選手と称え、マンCがタイトルを獲るならアグエロが欠かせないと述べた。

8.ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ MF)

今夏に加入したデ・ブライネだが、アンリ氏はもうずいぶん前からチームでプレイしていたようなフィット感と評価して、15ゴール15アシストを狙える逸材と述べた。

9.ジョー・ハート(マンチェスター・シティ GK)

開幕から5試合連続でクリーンシートを達成したハートは、今季最も安定しているGKの1人だ。アンリ氏も3回ほど信じられないセーブがあったと評価している。

10.クリス・スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド DF)

昨季までは恐る恐る守備をしていたようなスモーリングだが、アンリ氏はもう恐れていないと成長に驚いている。それどころかチームのリーダーにも見えてきたと評価した。

今回の10名はすべて1位〜5位のチームからの選出となり、今波に乗っている選手が中心だ。そして首位を走るマンCと2位のアーセナルから複数の選手が選ばれている。やはりこの2チームが今季のリーグ戦を引っ張っていく存在になるのだろうか。マンUも選手は揃っているが、若いマルシャルがクローズアップされすぎている感もある。周りの攻撃陣も頑張りたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ