チェルシーMFに婦女暴行容疑で逮捕状 トロント警察発表

昨季はフランクフルトでプレイしたピアソン

昨季はフランクフルトでプレイしたピアソン

ルーカス・ピアソン photo/Getty Images

現在プレミアリーグのチェルシーから2部のレディングに期限付きで移籍しているブラジル人MFルーカス・ピアソン(21)に逮捕状が発行された。

米『ESPN』など複数メディアによれば、ピアソンは今年7月にカナダのトロントで21歳の女性に対して性的暴行を働いた容疑をかけられ、3カ月の調査の後に29日、トロント警察が逮捕状を発行した。

被害者の証言によれば、女性はトロントのナイトクラブでピアソンとその友人アンドレイ・ダシウバ・ヴェントゥーラに出会い、その後その女性の自宅に移動。その場で暴行を受けたという。ブラジルのボタフォゴでプレイするGKヴェントゥーラにも逮捕状が発行されている。

この件に対し、チェルシーのスポークスマンは「その報告は受け取った」とのみコメントしており、それ以上の声明は目下のところなされていない。2人の容疑者は「パン・アメリカ・フットボール」というイベントのためにトロントを訪れていた。

イタリア系ブラジル人のピアソンはサンパウロから2012年にチェルシーに加入。その後マラガ、フィテッセ、フランクフルトといったクラブにレンタル移籍をしていた。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ