元チームドクターとの騒動が泥沼化…… カルネイロ医師がチェルシーに対して法的措置へ

先月クラブを退団

先月クラブを退団

エヴァ・カルネイロ医師 photo/Getty Images

先月チェルシーのチームドクターの座を離れたエヴァ・カルネイロ医師は元雇用先に法的手段をとる構えを見せている。

『ロイター』など複数の英メディアは29日、カルネイロ医師の弁護団がクラブに対して退職強要に対する賠償要求を求めており、法廷外で和解に至らない場合は労働裁判所に持ち込むという意志を通知したと伝えた。労働裁判が公開で行われるため、クラブ側にとってはイメージの悪化につながることが予想され、通例であれば法定外での解決に至ると『ガーディアン』紙は予想している。

カルネイロ医師は8月8日に行われたチェルシー対スウォンジーとの一戦で、負傷したエデン・アザールの治療のためにピッチに入り、同選手をピッチ外に連れ出した。このときチェルシーはGKのクルトワが退場していたため、9人での戦いを強いられることになり、ジョゼ・モウリーニョ監督が試合後に公の場でカルネイロ医師と物理療法士のジョン・ファーン氏を「ナイーブだ」と批判。監督とドクター陣の対立は深刻化し、9月22日にカルネイロ医師はチェルシーのチームドクターを辞任している。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ