ブラン監督も歓喜! イブラとカバーニが双方にアシスト「互いにゴールをプレゼントした」

前線の二人がついに繋がった

前線の二人がついに繋がった

パリ・サンジェルマンを率いるブラン監督 photo/Getty Images

パリ・サンジェルマン(PSG)のローラン・ブラン監督はこの時を待っていたのだろう。

25日のサンテティエンヌ戦で4-1の快勝を収めたPSGは、この試合でズラタン・イブラヒモビッチとエディンソン・カバーニがそれぞれ1ゴールずつ挙げた。しかも二人がそれぞれの得点をアシストする形となり、ブラン監督としては前線の二枚看板が繋がったとの気持ちがあっただろう。ブラン監督も二人のアシストを喜んでおり、同監督のコメントを米メディア『ESPN』が伝えている。

「この試合で私が抱えるアタッカー陣が互いに補完し合えることが確認できたね。彼らは一緒にプレイできる。イブラヒモビッチとカバーニは全く違うタイプの選手だが 、私がうれしいのは二人がゴールを奪うためにできる限りのことをしていることだ。二人はペナルティエリアの中で互いにゴールをプレゼントしたんだ」

この試合ではイブラヒモビッチが美しいクロスでカバーニのゴールをアシストすると、お返しとばかりにカバーニもGKと一対一の状況からイブラヒモビッチに完璧なアシストを出している。個の力を活かしつつも、二人がゴールを奪うために繋がった瞬間だった。二人は今季それぞれ7ゴールずつ奪っており、カバーニも加入以来最高の状態にある。さらに二人のコンビネーションが磨かれれば、どんなチーム相手にも得点を奪える集団となるだろう。

また、先日のレアル・マドリード戦では得点が奪えないことに批判があったが、DFチアゴ ・シウバは批判に同意できないと述べている。

「PSGのようなクラブには多くの批判があるものさ。僕たちがうまくプレイできなければ、メディアは僕たちを批判するんだ。レアル・マドリード戦ではうまくプレイできなかったけれど、あれがチャンピオンズリーグの戦いだったことを忘れてはいけないよ。相手はレアル・マドリードだったし、今回の批判には同意できないね」

イブラヒモビッチとカバーニが繋がったPSGは11月3日にもう1度レアル・マドリードと対戦する。ここで批判を跳ね除けるプレイを見せられるのか、PSGの前線がようやく手ごたえを掴みはじめている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ