[若きサムライ インタビュー#3]FW鈴木武蔵 「点の取れるFWになる」

思いどおりにいかなくて試合中に泣いたこともある

思いどおりにいかなくて試合中に泣いたこともある

来年のリオ五輪出場を目指す鈴木

──サッカーをはじめたころからFWだったのでしょうか?

鈴木 小学2年生のときに友だちに誘われて韮にらがわ川西小(群馬県太田市)のサッカー部に入ったのですが、気づいたらFWでした。やっぱり、攻めるほうが好きでしたね。だけど、週に2回練習があるだけでチームは弱かったです。低学年のときは、10点差以上で負ける試合もありました。

──練習が厳しかったり、勝利を追求するようなチームではなかったのですね?

鈴木 ただ楽しんでいました。自由にプレイしていましたね。校外から指導者の方が来てくれていたのですが、厳しい感じではなかったです。小学生のときはサッカーがない日は野球をやっていました。最初に野球部に誘われていたら、そのまま入部していたと思います。ボールを投げ過ぎて友だちがヒジを傷めるほど野球もやっていたので……。

──強いチームでプレイしたいという気持ちはありませんでしたか?

鈴木 高学年になって地区選抜に選ばれるようになると、レベルが高いところでやってみたいと思うようになりました。選抜には質が高い子が集まっていて、そこでもFWとして試合に出ていました。点も取っていたので、こういうレベルでプレイしたいという気持ちが徐々に芽生えていきました。

──中学時代はFCおおたジュニアユースでプレイしていますね?

鈴木 小学校を卒業するときに、太田市に新しいチームができると聞きました。いまも代表を務める竹内敏幸さんに誘われたので、一期生として入りました。強いクラブチームは他にありましたが、試合に出られないのはイヤでした。そこまでの実力はなく、強いチームではやっていけない気持ちもありました。FCおおたは地元にできたので、通いやすいというメリットもありました。

──FCおおたではどんな選手でしたか?

鈴木 一期生だけで先輩がいな かったので、最初は上の年代の人たちと試合をしていました。1年生のときは勝てなかったですね。2年生、3 年生になると、大会で準優勝したこともあります。ボクはやりたいようにドリブルばかりしていました。それでも点を取れていたんですよ。だから、楽しかったです。

──課題や改善点については、どう考えていましたか?

鈴木 そのころはまだ、なにも考えていませんでした。とにかく自分がやりたいプレイをしていました。 たぶん、のびのびとプレイさせようとしたのだと思います。監督やコーチはあまり厳しいことは言いませんでした。ボクは言われたことはちゃんと聞くタイプなので、耳に入らなかったとか、聞き流していたとかじゃないですよ(笑)。

──では、当時の悩みはどんなところにありましたか?

鈴木 いざ強いチームと対戦すると、1人ではどうにもならないことがありました。勝つためには、ゴールを奪うためには、個人ではなくチームで戦わないといけない。小学生のときからそう感じていました。だから、負けているときに悔しくて試合中に泣いたこともありました。基本的に勝ちたかった。そのためにはボクが点を取らないと、という気持ちがあったので、思いどおりにならなくて失点すると本当に悔しくて泣いていましたね。

練習の成果が出た高校時代。U-17W杯では苦杯を味わう

練習の成果が出た高校時代。U-17W杯では苦杯を味わう

2011年のU-17W杯で世界との差を痛感

──中学卒業後は桐生第一高のサッカー部でプレイしています。他にどんな選択肢があったのでしょうか?

鈴木 群馬県内の高校や埼玉県の高校に進学する選択もありました。しかし、FCおおたの竹内さんに薦められたこともあり、桐生第一高を選びました。

──高校生になってなにか変わりましたか?

鈴木 間違いなく、それまでと変わりました。自分がやりたいプレイだけではダメでした。まず、ワンタッチプレイができなかった。左足でのキックも未熟でした。というより、キックの基本ができていませんでした。1年生のころは毎日練習中に怒られ、終わったあともずっとボールを蹴っていました。中学生までは左足を使う必要がなくて、重要だと思っていなかったんです。だから逆に、いろいろなことを教わり、練習したことで伸びました。 毎日ボールを蹴っていると、少しずつうまくなっていきます。苦手な左足で も得点できようになっていきました。

──どのようなことを教わったのでしょうか?

鈴木 相手の背後の取り方、抜け出し方などを教わりました。ドリブルばかりの選手でしたが、FWっぽくなりました。高2から試合に出るようになり、国体にも出場しました。そのときにちょうどU-16代表の監督だった吉武(博文)さんが 見に来ていて、代表に呼んでくれました。どの大会、どの試合でも手を抜かずに一生懸命にプレイして いたことが代表につながったのだと思います。高校生になって毎日遅くまで練習していたし、いろいろ 教わっていました。サッカーの知識が身についてきて伸びている時期だったので、U-16代表に呼ばれたのだと思います。

──残って練習するのはイヤではありませんでしたか?

鈴木 単純に、もっとうまくなって試合に出て活躍したいと思っていました。そのためになにをやらなければいけないかを考えていました。サッカーに対する考え方が変わっていった時期で、そのころから少しずつ伸びていった実感があります。

──U-16代表で学んだことを教えてください。

鈴木 ボクは下手なほうでしたが、それでもできることがありました。質が高い選手が多いので、パスまわしがうまく、ポゼッションができる。だから、「ゴール前で一瞬の勝負どころを狙っていればいい」と言われていました。また、FWに求められるシュートのカタチ、方法、 身体の使い方などを教わりました。前の選手(FW)に必要なことをいろいろと教えてもらいました。

──2011年にU-17W杯でベスト8になっています。どんな印象が残っていますか?

鈴木 それまでの活躍からすると、ボクはぜんぜんダメでした。もっとできたはずです。精神面のコントロールが未熟で、点を取りたいという思いが強過ぎて空回りしてしまいました。悔しさが残る大会で、もしプロサッカー選手になったら同学年の選手には負けたくないと思いました。

──通用した部分もあったかと思いますが?

鈴木 背後を取るタイミング、スピードは通用すると感じました。フィジカル、球際に関しても、相手のほうが強かったですが、思った以上ではありませんでした。見た目は細くても、体幹を鍛えれば競り勝てる。ボクたち日本人には目に見えない強さがあるのですが、そこは通用すると思いました。

スピードを落とすことなく強さ、うまさを身につけたい

スピードを落とすことなく強さ、うまさを身につけたい

アルビレックス新潟での鈴木

──プロ入り後はアルビレックス新潟で3年間を過ごし、今季途中に水戸ホーリーホックへ期限付き移籍しました。いまどのような意識で練習、試合に臨んでいますか?

鈴木 とにかく、もっと点を取れるFWになりたいという気持ちでプレイしています。前を向いて仕掛ける。背後に抜け出す。そういう動きはプロになった1年目から通用していました。だけど、守備ならボールの追いかけ方、積極的なプレス。攻撃では ポストプレイ、ヘディングに課題を感じていて、いまも昔も変わらずに克服するために取り組んでいます。

──ポストプレイやヘディングは苦手ですか?

鈴木 得意ではないです。落下地点を正確に予測できるように なれば、もっと点を取れるはずです。ボレーも苦手だったのですが、練習することで少しずつ改善されてきました。FWとしてドリブルだけではダメなので、課題については日々の練習のなかで意識して取り組んでいます。クロスへの入り方なども練習を重ねてきたことのひとつです。

──点を取るためには、今後にどんなレベルアップが必要だと考えていますか?

鈴木 いまの自分に足りないのは、ゴール前の判断、ポジショニング……。点を取れるFWは、こぼれ球とかをしっかり決めています。 ゴールへの意識が強いのだと思います。対して、ボクはまだまだそのあたりが足りないと感じます。たとえスペースはなくても、相手の股下などコースは絶対にどこかにあります。だから、シュートコースを見つけるのも練習から意識していま す。さらには、たとえばGKと1対1 になったら、シュートするタイミング、GKが嫌がるコースはどこなのか……。そういうことを意識して練習しています。

──来年1月に予選を控えたリオ五輪については、どう考えていますか?

鈴木 アジア予選をしっかり勝ち抜かないといけないですが、その前に代表に選ばれることが一番大事で、まずは水戸で結果を出してレベルアップしていることを見せないといけないです。水戸には 水戸のやり方、代表には代表のやり方があります。まずは、水戸でしっかりと結果を出す。そして、代表に行ったら今度は代表のなかで他の選手よりも多くの結果を出さないといけないです。その先にリオ五輪があります。

──いま現在、自分の力をフルに発揮できていますか? 力を出し切れていますか?

鈴木 ボク自身はまだまだこんなモノじゃないと思っています。身体能力を考えると、もっとできます。8月までプレイしていたアルビレックス新潟では、チームのなかで足の筋力が一番ありました。ジャンプ力とかがあるほうなので、落下地点が読めるようになればヘディングも強くなるはずです。その他、もっと身体のサイズを大きくする。 走り負けない。球際に強くなり、ボールを失わないなど、厳しく追求したいポイントがあります。世界を相手に戦うには、いまのスピード を落とさずに、強さ、シュートのうまさを身につけないとダメだと思って います。

選手名:鈴木武蔵(Musashi Suzuki)

所属クラブ:水戸ホーリーホック

1994年2月11日生まれ。群馬県出身。185 ㎝/75㎏。韮川西小→FCおおたジュニア ユース→桐生第一高→アルビレックス新潟 →水戸ホーリーホック。しなやかでスピードの あるドリブルが魅力のストライカー。

インタビュー・文/飯塚 健司
写真/Getty Images

theWORLD166号 9月23日配信の記事より転載

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ