今季のレアルはかなり強い! スペインメディアが負けないレアルを評価

負けないことが最強の証か

負けないことが最強の証か

昨季失点数の多かったレアルを負けないチームに変貌させたベニテス監督 photo/Getty Images

24日、レアル・マドリードは3-1でセルタに勝利した。アウェーでの首位攻防戦を制し、どちらがリーグ戦をリードするにふさわしい存在なのかを証明した。

今季のレアルは得点が少ない、勝ち切れない試合が多いと批判を受けるが、スペイン紙『マルカ』は今季のレアルがかなり強いと評価している。確かにレアルらしくない戦いが多いのは事実だ。しかしリーグ戦9試合で無敗を維持しており、負けないことで強さを証明している。

同メディアによると、リーグ戦9試合で無敗を維持しているのはジョゼ・モウリーニョが率いていた2010-11シーズン以来のことだ。当時のレアルは12戦無敗を継続し、負けないことで強さを証明していた。

さらに同メディアは難しいアウェーでの戦いを無難にこなしていることを評価した。今季はアスレティック・ビルバオ、アトレティコ・マドリード、そして無敗を維持していたセルタと序盤に難しいアウェーゲームが続いたが、ビルバオを2-1、アトレティコを1-1、セルタを3-1とうまく切り抜けている。

モウリーニョが率いた2010-11シーズンは、第13節まで難敵とのアウェーゲームはなかった。その第13節が有名なカンプ・ノウでのバルセロナ戦だ。モウリーニョはバルサに0-5と屈辱的な大敗を喫し、そこからバルサに追いすがる戦いが始まった。

今季は第12節にバルサ戦が組まれており、ここでも負けなければ今季のレアルはかなり安定していると言える。以前ほどバルサがリーグ戦を独走していないため、敗戦数を減らせればリーグ制覇も見えてくる。これまでの爆発的な攻撃力を押し出したレアルではないものの、今季のレアルはかなり強い部類に入るのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ