さすがスアレス! ハットトリックでエイバルを一蹴。乾は日本人3人目の快挙達成

乾、先制ゴールに絡む活躍

乾、先制ゴールに絡む活躍

ハットトリックを達成したルイス・スアレス photo/Getty Images

リーガ・エスパニョーラ第9節が25日に行われ、乾貴士が所属するエイバルは、敵地カンプ・ノウでバルセロナと対戦した。

[4-2-3-1]の左サイドハーフで先発出場した乾は、城彰二や大久保嘉人に次いでリーガの試合でカンプ・ノウのピッチに立った史上3人目の日本人プレイヤーとなる快挙を達成した。

試合が動いたのは10分。エイバルは前線からの積極的な守備でMFヴェルディがボールを奪うと、こぼれたボールを拾ったMF乾はFWバストン、ヴェルディと流れるようにパスをつなぎ、ボックス内に走りこんできたMFケコがシュートを放つ。これをGKブラボが一度は阻むも、こぼれ球に反応したバストンが蹴り込んで先制に成功。バストンは5試合連続ゴールを達成する。エイバルは連動した守備からのショートカウンターで、あのバルセロナからリードを奪った。

だが次第にペースを握るバルセロナは20分、MFブスケッツのパスに抜け出したFWサンドロが折り返しのクロスを供給。このボールをスアレスが押し込んでネットを揺らし、同点弾を叩き込む。

その後はボールを保持するバルセロナに対して、エイバルが前線から積極的にプレスを仕掛け、決定機を作らせないまま1-1のスコアで前半を終える。

狙い通りの試合展開で後半を迎えたエイバルだったが、48分、バルセロナに勝ち越し点を奪われる。FWネイマールが前線でボールを奪いきると、ドリブルでエイバルDFを引きつけ、FWスアレスにラストパス。これを受けたスアレスはワントラップからシュートを流しこんで、追加点を重ねた。

2点をリードしたバルセロナは、83分マスチェラーノが一発退場。これがエイバルに有利になるかと思わたが、バルセロナのペースは崩れなかった。85分、FWネイマールのパスを受けたFWスアレスが胸トラップからゴール左隅をつく狙いすましたシュートを決めてハットトリックを達成する。

そのまま試合は終了し、ホームで戦うバルセロナが3-1のスコアで勝利を収めた。

前半まで健闘を見せていたエイバルはアウェーで初黒星、今季アトレティコ戦に続いて2敗目を喫した。

先発出場した乾貴士は79分でお役御免。MFサウール・ベルボンと交代でピッチを後にした。乾はシュートまで持ち込む場面を作り出せなかったものの、先制点に絡むなど攻撃にアクセントを加え、守備に奔走する場面でも存在感を発揮していた。

[メンバー]
バルセロナ:ブラボ、アウベス、ピケ、バルトラ(→マテュー 56)、アルバ、マスチェラーノ、ラキティッチ、ブスケッツ、サンドロ(→ムニル 56)、スアレス、ネイマール

エイバル:リエスゴ、カパ、ドス・サントス、パンティッチ、フンカ、エスカランテ、ダニ・ガルシア(→エディ 46)、ケコ、ヴェルディ(→エリンチュ 54)、乾(→サウール・ベルボン 79)、バストン

[スコア]
バルセロナ 3-1 エイバル

[得点者]
バルセロナ:スアレス(21、48、85)
エイバル:バストン(10)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ