モウリーニョはもうダメなのか!? 英紙が後任候補6名をピックアップ

10戦5敗と苦しむモウリーニョ

10戦5敗と苦しむモウリーニョ

多くの教え子が在籍しているチェルシーはシメオネの選択肢として悪くないはずだ photo/Getty Images

24日のウェストハム戦を落としたチェルシー周辺では、ますますジョゼ・モウリーニョの解任話が加速している。

チェルシーは10試合を戦って早くも5敗目を喫し、上位浮上のきっかけがなかなか掴めない。モウリーニョはクリスマスまで持つか分からないと言われており、英紙『デイリー・ミラー』はモウリーニョの後を継ぐ可能性のある指揮官6名を紹介している。

1.ジョゼップ・グアルディオラ

相変わらずグアルディオラにはイングランド行きの話がある。行き先はマンチェスター・シティだけではなく、チェルシーも含まれていることだろう。グアルディオラは大きなチャレンジを求めており、チェルシーに絶対行かないとは言い切れない。

2.カルロ・アンチェロッティ

現在アンチェロッティは全てのビッグクラブから狙われる指揮官だ。本人はプレミアリーグで指揮を執りたいと語っており、過去に率いた経験を持つチェルシーは筆頭候補に挙げられる。リヴァプールの指揮官にはならなかったが、リヴァプールを超えるビッグクラブであるチェルシーを率いるチャンスは確実に残っている。

3.ディエゴ・シメオネ

モウリーニョに最も近いタイプの指揮官がシメオネだろう。自分たちよりも実力が上と感じた相手には守備をしっかり固め、決して自分たちの力を過信しない。モウリーニョと同じくハードワークを求める指揮官であり、ティボ・クルトワやジエゴ・コスタといった教え子が多く所属していることも強みだ。

4.ジョン・テリー

今のチェルシーの問題点を肌で感じ、これまでクラブに魂を捧げてきたのはテリーだ。これは冗談ではなく、理想的な指揮官となる可能性がある。過去にもチェルシーはジャンルカ・ヴィアッリ、ルート・フリットらを選手から指揮官へ引き上げた例があり、テリーも同じ道を辿っても良いかもしれない。

5.アントニオ・コンテ

現在イタリア代表を指揮するコンテは、早くても今季終了後の就任となる。コンテもシメオネと同じくメンタルの強さを要求する指揮官で、その精神はプレミアに合っている。シメオネやモウリーニョよりもシステマチックなサッカーを好むところはあるが、落ち着いたチームを作ってくれるはずだ。

6.グスタボ・ポジェ

かなりの大穴だ。サンダーランドを解任された男がチェルシーの指揮を執る姿は想像しにくいが、クラブの英雄として戻ってくるシナリオもある。サンダーランドでの経験が間違ったものだったとしても、テリーよりは監督経験を積んでいる。テリーが早すぎるという場合はポジェも候補の1人になるかもしれない。

同メディアが紹介したのは以上6名だ。ビッグクラブで様々なタイトルを獲ってきた2人、モウリーニョと同系統の指揮官の2人、そしてクラブのレジェンド的存在の2人と、バラエティに富んだ選出だ。クラブのレジェンドを招聘するパターンは、ミランの例を見るまでもなくリスクが大きすぎるため、現実的には今の悪い状態を改善する能力を持った指揮官が好ましい。

その点ではグアルディオラは向いていない。彼はチーム作りに時間をかけるタイプで、今のチェルシーにグアルディオラの思い描くサッカーを実現できるタレントは揃っていない。となれば、アンチェロッティ、シメオネ、コンテあたりが現実性のある候補となるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ