シメオネが欧州カップ戦44試合を指揮! またもアラゴネス氏超える

欧州カップ戦に出続けているシメオネ

欧州カップ戦に出続けているシメオネ

ディエゴ・シメオネ photo/Getty Images

アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネがまた1つ記録を作った。

21日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節アスタナ戦で4-0の快勝を収めたアトレティコ。スペイン『マルカ』によると、シメオネにとってこれが欧州カップ戦での44試合目となり、同クラブ史上最多の数字を更新した。これまでの記録は43試合のルイス・アラゴネス氏だったが、シメオネはそれを4年足らずで超えてしまったのだ。

同メディアによると、シメオネがアトレティコを率いて初めて欧州の舞台で戦ったのは2012年2月に行われたヨーロッパリーグ・ラツィオ戦で、見事に3-1で勝利。そこからベジクタシュ、ハノーファー、バレンシア、アスレティック・ビルバオとホーム&アウェイ関係なく勝ち続け、決勝トーナメントを全勝で優勝を果たした。そして2012年に行われたUEFAスーパーカップでもチェルシーを撃破し、名将としての評価を高めていくきっかけとなった。

当然これだけの試合をこなすには、毎シーズンのようにリーグ戦で上位に入り、欧州カップ戦への出場権を手に入れなければならない。シメオネはそのミッションも毎年クリアし、さらにグループステージで敗退したことは1度もない勝負強いチームに仕立て上げた。2012-13シーズンはUELでルビン・カザンに敗れて決勝トーナメント1回戦敗退となったが、2013-14UCLでは決勝に進出、昨季もベスト8まで駒を進めている。昨季も一昨季も共に敗れたのがライバルのレアル・マドリードというのは悔しい話だが、シメオネはクラブの歴史に名を残す名将となっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ