ピッチ外では荒々しくないと強調するジエゴ・コスタ「オレはフランクな人間だ」

イメージが悪化し続けているコスタ

イメージが悪化し続けているコスタ

ピッチ外のコスタはどんな人? photo/Getty Images

悪童のイメージがすっかり定着してしまったチェルシーFWジエゴ・コスタは、自分が暴力的な人間ではないと主張している。英紙『デイリー・ミラー』によると、コスタはピッチの外では全く違う人間だと主張しており、チームメイトやすべての人間と良好な関係を築いていると強調している。

「僕はピッチの外でも荒々しいわけじゃない。ピッチの外では全く違った人間だよ。僕はチームメイト、オーナー、サポーターとも良好な関係を築いているからね。僕はいつも周囲を冗談で楽しませようとしているし、フランクな人間なんだ。僕は監督やサポーターからも100%のサポートを受けている。だから周囲の意見は気にならないよ」

また、困難なスタートとなった今季の戦いについてもコメントしている。

「非常に難しいものになったが、これはこのチームの本来の力ではない。でもまだシーズンの序盤だし、挽回できる。僕たちは子供じゃないし、伝えることができる。僕たちは団結するべきで、それがここから抜け出す唯一の方法だとね」

コスタはチームメイトによく冗談を言ったりイタズラを仕掛けたりするそうで、ピッチ内で見せる不良のような姿とは違っているようだ。アーセナル戦でのガブリエウ・パウリスタとの騒動で今まで以上にイメージが悪くなってしまったが、本来のコスタはもっとお茶目な人間なのかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ