イングランドは甘くない! 就任後2引き分けのクロップにキツいニックネーム

引き分けの専門家といじられる

引き分けの専門家といじられる

早くも皮肉好きの英メディアの標的となったクロップ photo/Getty Images

リヴァプールの指揮官に就任したクロップに嫌なニックネームがついている。

22日に行われたヨーロッパリーグ・グループステージのルビン・カザン戦は、ユルゲン・クロップにとってリヴァプール就任後初勝利を挙げるチャンスと思われた。舞台は就任後初のアンフィールドで、しかも相手は格下だ。さらに前半の間に相手選手が退場し、クロップの勝利へ向けた流れは出来上がっていた。

しかしリヴァプールは勝ち越し点を奪えずに1-1のドロー。これでリーグ戦のトッテナム戦に続いて引き分ける結果となってしまった。今後リーグ戦では25日にホームでサウサンプトン、31日にアウェイでチェルシー、8日にアウェイ戦で異様な強さを発揮している6位クリスタル・パレス、21日にアウェイでマンチェスター・シティと戦うことになっており、就任早々かなり難しいスケジュールとなっている。それだけに今回の一戦で初勝利を決めておきたかった。

英紙『メトロ』もクロップが勝ち切れなかったと述べ、SNS上で新たなニックネームが出ていると伝えた。そのニックネームとは「Drawgen Klopp」だ。トッテナム戦とルビン・カザン戦を引き分けたことから、ユルゲン・クロップにかけてドローゲン・クロップと呼ばれているのだ。一部では引き分けを勝ち取る専門家だなどと書かれており、引き分ける才能を持っていると新任の指揮官に厳しいニックネームをつけている。

それほど今回の一戦はモヤモヤする展開だった。当然クロップと言えども前述したハードスケジュールで1勝もできなければ、評価は大きく変わってくる。28日にボーンマスとのカップ戦が挟まれているが、こちらは当たり前のように勝たなくてはならない。ハードスケジュールを引き分けで乗り越えるのではなく、勝利の専門家と呼ばれるよう結果を残してほしいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ