ノイアーでもミスをする! 英紙がこのタイミングで世界最高のGKを選出

セービング、経験、守備範囲がポイント

セービング、経験、守備範囲がポイント

ノイアーのプレイスタイルにミスはつきもの。チームへの貢献の大きさは計り知れない photo/Getty Images

現在世界最高のGKは誰なのか。

20日のチャンピオンズリーグ・アーセナル戦で、バイエルンGKマヌエル・ノイアーはハイボールへの処理を誤り、オリヴィエ・ジルーのゴールを許してしまったシーンがあった。ノイアーは世界最高峰のGKだが、そんな彼でもミスをすると分かった。GKは1つのミスが試合の勝敗を左右する極めて重要なポジションで、試合中にどれだけスーパーセーブを見せようとも終了間際に凡ミスから失点すれば批判されてしまう。ノイアーも同様のケースだったが、英紙『デイリー・メール』はこれをきっかけに世界のベストGKは誰かと見出しをつけ、サッカー評論家10名にアンケートを取っている。

・ティボ・クルトワ(チェルシー) 1票

評価の基準となったのは守備範囲の広さ、DFラインのオーガナイズ、セービング能力と瞬発力、そして大舞台での経験だ。クルトワはまだ23歳だが、チャンピオンズリーグ決勝の舞台も経験しており、経験面で不足はない。セービング能力も抜群で、クルトワのセーブは不思議と簡単に見えてしまう。負傷さえしていなければ世界最高のGKという意見だ。

・ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス) 1票

こちらは圧倒的な経験値が武器だ。若い頃の派手なセービングは減ったが、今回のノイアーのようなミスは少ない。DFラインとのコミュニケーションも取れており、ベテランらしい渋さでチームの守備を引き締めている。ただし、ゴールマウスから大きく離れてボールを処理するシーンは少ない。

・ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド) 1票

スペイン人GKらしい足もとの技術と、近距離からのシュートにも反応する驚異的な反射神経が武器だ。大舞台での経験が少々足りないものの、ノイアーやクルトワと肩を並べるだけの能力はある。中でも足もとの技術は現代のGKに求められている能力で、パス精度ならノイアーを超えるものを持っている。

・ウーゴ・ロリス(トッテナム) 1票

こちらは意外な意見だ。チャンピオンズリーグにも出場していないトッテナムからの選出で、ロリスのスピード、そしてシュートへの反応が高い評価を受けている。トッテナムのDF陣があまり強固ではないため、余計にロリスが目立つ場面が増えるのだろう。チャンピオンズリーグの常連クラブでも十分プレイできる逸材だ。

・マヌエル・ノイアー(バイエルン) 6票

やはりミスをしてもノイアーは1番だった。まず守備範囲の広さは群を抜いており、ノイアーは「スイーパーキーパー」の異名を取る。2014ワールドカップでも何度も果敢な飛び出しを見せ、高いDFラインの裏のスペースをケアしている。ワールドカップ優勝、チャンピオンズリーグ優勝と大舞台での経験も豊富で、こちらもブッフォンに負けていない。セービングも抜群で、アーセナル戦でもウォルコットのヘディングシュートを驚異的な反応でストップしている。さらにエジルの2点目のゴールも、ゴールラインは割っていたもののしっかり反応しており、どこを取ってもノイアーがNo.1との意見で収まった。

現代のGKに求められる能力を高い次元で備えているノイアーが1番人気となった。能力が高すぎるがゆえにやりすぎてしまうところは問題だが、そのオフェンシブな精神がチームに推進力を与えているのも事実だ。PKストップも得意としており、やはり現代最高のGKはノイアーということで異論はないようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ