ミハイロビッチも予想外! ミランのエース、メネズの年内復帰が困難に

昨季のチーム得点王を欠くミラン

昨季のチーム得点王を欠くミラン

年内復帰が困難となったジェレミー・メネズ photo/Getty Images

ミランFWジェレミー・メネズの年内復帰が困難となった。

昨季のチーム得点王であるメネズは今年6月に腰のヘルニア手術を受け、プレシーズン中に復帰。8月18日に行われたコッパ・イタリアのペルージャ戦では日本代表MF本田圭佑と交代して途中出場も果たしている。しかしその後8月末に再び痛みを訴えて離脱。当初は9月13日に行われたインテルとのミラノダービーにも間に合うと言われていたが、10月になっても復帰はしていない。伊紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、メネズがリーグ戦で最後に出場したのは4月29日のジェノア戦で、ミランは半年以上もメネズをリーグ戦で起用できていない。

同メディアはシニシャ・ミハイロビッチがメネズを起用できるのはまだまだ先と伝えており、予定では1月から起用できる模様だ。今季のミランは本田、スソ、ボナベントゥーラとトップ下の選手を数人試したものの、誰1人として結果を残せなかった。ミハイロビッチはしきりに「メネズもいるから……」と語っていたが、後半戦まではメネズを起用することは難しそうだ。

ミランが今後[4-3-3]に固定した場合でも、メネズはウイングとしてもセンターフォワードとしてもプレイできるため、[4-3-1-2]でも[4-3-3]でも必要不可欠な選手だ。チームは開幕8試合で9得点と攻撃陣が不発で、昨季16得点を挙げているメネズの得点力に頼り切りたいのが本音だ。何もかもうまくいかないミハイロビッチ体制は昨季のチーム得点王の負傷期間まで長引かせてしまった。メネズがいない年内の戦いをミランはどのように乗り越えるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ