スピードあるサイドアタッカーが欲しい! クロップがマルコビッチの呼び戻しを検討

サイドアタッカーが少ないリヴァプール

サイドアタッカーが少ないリヴァプール

フェネルバフチェでプレイするマルコビッチ(写真左) photo/Getty Images

リヴァプールの指揮官ユルゲン・クロップは、フェネルバフチェへレンタル移籍中のMFラザル・マルコビッチの呼び戻しを検討しているようだ。

マルコビッチは昨夏に2000万ポンドでベンフィカからリヴァプールへ加入したが、ブレンダン・ロジャースの下では結果を残せなかった。今季はフェネルバフチェで武者修行をすることになっており、給与もフェネルバフチェが負担することになっている。

しかし英紙『デイリー・メール』によると、クロップはサイドにスピードある選手を求めており、マルコビッチの呼び戻しに動く考えだ。同MFはすでにスピードあるドリブルでトルコの人気者となっており、昨季とは違う動きを見せている。まだ21歳と若いため、メンタル部分が成長すればトップレベルでのプレイも可能だろう。

また、今季開幕時からリヴァプールには純粋なサイドハーフが不在だと指摘されており、ロジャースが序盤戦で採用した4-3-3が思うように機能しなかった。フィリペ・コウチーニョ、ロベルト・フィルミーノ、ダニー・イングスといった選手もサイドでプレイ可能だが、純粋なサイドハーフではない。ドルトムントでもサイドハーフに縦へのスピードと豊富な運動量を求めていたクロップにとって、マルコビッチのように縦へ速い選手は必要不可欠だ。

同メディアは1月にマルコビッチを呼び戻そうとしていると伝えており、ローン移籍から半年足らずで戻ってくることになるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ