ヤヤ・トゥレがイングランドサッカー界に不満「全然ハッピーじゃない」

自身のパフォーマンスが評価されていないと語る

自身のパフォーマンスが評価されていないと語る

マンチェスター・シティでプレイするヤヤ・トゥレ photo/Getty Images

マンチェスター・シティMFヤヤ・トゥレは、我々が思うほどハッピーな生活を送っていないようだ。英紙『デイリー・ミラー』によると、トゥレは自身の功績が評価されず、お金のためにサッカーをしているといった話が浮上することにうんざりしているという。

「僕が2010年にマンCに加入した時、多くの人々は僕がサッカーを殺しにきたと言っていた。僕はバルセロナで出場機会を得ていなかったから、サラリーが高すぎるんじゃないかとね。僕はチームの成長とタイトルを獲得するために加入したのに、みんなは僕をあざ笑っていたよ。ジャーナリストもお金の話ばかりしていて、恥ずべき行為だと思ったよ」

「みんな僕がハッピーだと思っている。大金を稼いで、タイトルを勝ち取ってね。でも僕は全然ハッピーじゃない。僕たちは昨季世界で最も困難なリーグであるプレミアリーグで2位に入り、僕も12ゴール決めた。それなのに僕の得点数が少ないと批判するんだ。僕はアフリカ・ネーションズ・カップの影響でクラブを離れる期間もあったのにね。僕は2013-14シーズンに合計で24ゴールを決めて、リーグ戦でも20ゴールを決めた。でも誰もそれについては言わないんだ」

トゥレはここまでプレミアリーグを2度、FAカップを1度、PFA年間ベストイレブンを2度獲得している。それでもトゥレのパフォーマンスには批判が起き、マンCでのプレイに興味がなくなっているといった話も浮上する。トゥレの能力が高いからこそ起こる批判だが、マンCサポーターはもう1度彼の価値を考え直した方が良いだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ