ウォルコットらは入らず…… 2015-16プレミアスピードランキング!

レスターが速すぎる

レスターが速すぎる

バーディをはじめレスターの選手が最多ランクイン photo/Getty Images

現在のプレミアリーグでスピードのある選手といえば、アーセナルのテオ・ウォルコットやマンチェスター・シティのラヒーム・スターリングといったあたりが思い浮かぶ。しかし英紙『デイリー・ミラー』が紹介した今季のスピードランキングにウォルコットらの名前はない。このランキングは今季プレミアリーグでプレイする選手が記録した最高速度で、意外にもレスター・シティやウエストハムといった下位クラブが多くランクインしている。

10位:ウェス・モーガン 34.76km(DF レスター)

9位:チャーリー・ダニエルズ 34.86Km (DF ボーンマス)

8位:カール・ジェンキンソン 34.89Km  (DF ウエストハム )

7位:マメ・ビラム・ディウフ 34.97Km (FW ストーク・シティ)

6位:リッチー・デ・ラート 34.97Km (DF レスター)

5位:ビクター・モーゼス 35Km (FW ウエストハム)

5位:マーク・オルブライトン 35Km (MF レスター)

3位:ビリー・ジョーンズ 35.07Km (DF サンダーランド)

2位:ジェフリー・シュラップ 35.26Km (FW レスター)

1位:ジェイミー・バーディ 35.44Km (FW レスター)
何とトップ10の中にビッグクラブの選手は1人も入っていない。格下チームがハードワークし、スピード感溢れる速攻を仕掛けている証だろう。何よりレスターの選手が5人も入っており、走力こそが今季の躍進を支えている。2014ワールドカップでも縦へのスピードが注目されたが、今季のプレミアもその流れに乗って格下チームが走力を武器に結果を残している。チームとしてハードワークすることは当たり前で、なおかつ縦に速く、終盤まで走り続けることが今後のニーズとなっていくのだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ