バルサのPKが止まらない! 8試合で7度PKを獲得

PKマスターのネイマールとスアレス

PKマスターのネイマールとスアレス

ラージョ戦で4得点を決めたネイマール photo/Getty Images

5-2でラージョを下したバルセロナは、ネイマールが4得点と爆発した。4得点は見事だが、そのうちの2本は自身が倒されて得たPKによるもので、スペイン『マルカ』によるとバルサは今季のリーグ戦8試合で7度のPKを獲得している。PKをもらうのも1つの技術で、前線にルイス・スアレスやネイマールのように相手のPKを誘発することを得意とする選手がいることも関係しているのだろう。

今のところ7回のPKのうち5回にスアレスとネイマールが絡んでおり、ネイマールはこの試合で2度倒され、レバンテ戦でもPKを獲得している。一方のスアレスは開幕戦のアスレティック・ビルバオ相手にPKを獲得。ラス・パルマス戦では相手のハンドを誘発してPKを獲得している。残りの2つはサンドロとメッシで、サンドロはセビージャ戦でシュートが相手の手に当たってPK。メッシはレバンテ戦で倒されてPKを得たが、このPKは外している。

同メディアによると、今季のPK獲得ペースは異常なものとなっており、リーグ戦においてはすでに昨季と同じ本数に達しているという。もしリーグ戦で12本以上のPKを獲得すると、ここ10シーズンの中で最多の本数となる。今季はリオネル・メッシが何度かPKを外しているものの、バルサは巧みにPKで得点を重ねている。

倒れるだけではなく、ボールを浮かせて相手の手に当てることも多いスアレスなどは対戦相手も注意すべきだろう。PA内ではシュート、ドリブル、パスとあらゆることに注意しつつ、PKを取られるかもしれないと考えながら守備をした方がよさそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ