C・ロナウドが弾丸シュートを突き刺す! 不安を払拭する得点力でレアルが快勝

リーグ戦では5試合ぶりゴール

リーグ戦では5試合ぶりゴール

レアル・マドリードで活躍するクリスティアーノ・ロナウド photo/Getty Images

レアル・マドリードは現地時間17日、リーガ・エスパニョーラ第8節でレバンテと対戦した。

多くの負傷者を抱えるレアル・マドリードは、サイドバックのダニーロが復帰したものの、DFセルヒオ・ラモス、ぺぺ、カルバハル、MFモドリッチ、ハメス・ロドリゲス、FWベンゼマなど主力選手が欠場する異常事態。メンバー構成に頭を抱えるベニテスは前線にイスコ、クリスティアーノ・ロナウド、ベイルを並べる[4-3-3]の布陣で臨んだ。

5バックで守るレバンテに対してなかなか決定機を作れなかったレアルだが、26分、先制に成功する。DFマルセロが前線から守備を仕掛け相手DFからボールを奪うと、裏へ抜け出したFWロナウドへパスをつなぐ。ペナルティエリア内に走りこんだマルセロが、再びボールを受けて強烈なシュートを放ち、今季初ゴールを挙げる。

さらに30分、MFクロースが前線でレバンテDFからボールを奪うと、FWロナウドにパスを供給。ボールを受けたロナウドは、ペナルティエリアの手前の位置からミドルシュートを決める。レバンテDFのミスをついてリードを2点に広げたレアルが、試合の流れを引き寄せた。

前半はレバンテのFWデイベルソンにヘディングシュートを放たれる決定的な場面もあったが、GKケイロル・ナバスが好セーブを見せ、2-0のスコアで試合を折り返す。

後半立ち上がりからFWベイルが交代。代わりにFWルーカス・バスケスがピッチに送り出される。その後はレバンテのプレスが甘くなり、レアルがボールを保持する時間帯が続く。

80分、途中出場したFWヘセが左サイドをドリブルで突破し、クロスを供給。飛び込んだFWロナウドが強烈なヘディングシュートをを放つも枠をとらえきれない。すると、直後の81分、連携したパスワークでレバンテのディフェンスラインと突破すると、ルーカス・バスケスがヘセへラストパス。ヘセはフェイントでレバンテDFをかわすと、左足を振りぬいて強烈なシュートを突き刺した。

そのまま試合は終了し、レアル・マドリードが3-0のスコアでレバンテに勝利を収めた。主力選手の多くを負傷で欠いているレアル・マドリードだが、DFナチョやヴァラン、途中出場したFWヘセなどの活躍もあり、格下のレバンテを相手に完封勝利となった。

[メンバー]
レアル・マドリード:ケイロル・ナバス、ダニーロ、ヴァラン、ナチョ、マルセロ、カゼミーロ、クロース、コバチッチ(→マルコス・ジョレンテ 77)、イスコ(→ヘセ 69)、クリスティアーノ・ロナウド、ベイル(→ルーカス・バスケス 46)

レバンテ:ルベン、モラーレス、シモン、フェダル、フランフラン、トニーニョ、ホセ・マリ(→ジェフェルソン 62)、ビクトール、カマラサ、ロジェール(→ギラス 53)、デイベルソン(→ルベン・ガルシア 75)

[スコア]
レアル・マドリード 3-0 レバンテ

[得点者]
レアル・マドリード:マルセロ(26)、C・ロナウド(30)、ヘセ(81)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ