ディ・マリアやファルカオのようにはなるな! ファン・ハールがデパイに警告 

「チームの哲学を尊重するべき」

「チームの哲学を尊重するべき」

ファン・ハールから警告を受けたデパイ photo/Getty Images

3-0で快勝したエバートン戦、メンフィス・デパイは90分間ベンチに座り続け、出場機会は最後まで訪れなかった。ルイス・ファン・ハール監督はデパイに対し、チーム精神を重んずるように警告した。英『four four two』が伝えている。

「ライアンは既に彼に助言をしたが、選手は自分の行動に責任がある。チームの哲学は尊重されなくてはならないんだ」

「我々は何度かこの精神に適応することができない選手を見てきた。選手を獲得する前にそれができるのかを判断することはできないものだ。時間をかけて見てみなくてはならない。ファルカオとディ・マリアがそうだった」

オランダ代表監督時代に指導した”愛弟子”に対して、ファン・ハール監督は起用に理解を示すよう促した。1シーズンで退団したラダメル・ファルカオ(チェルシー)、アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)の名前を挙げ、チームを個人より優先するべきだと主張。

ここまでのリーグ戦でわずか1ゴールと結果を出せていないデパイだが、それでも指揮官は信頼を強調する。

「私が彼を今でも信用しているかって? 当然だ。若い選手にとって問題となるのは、継続性がないことだ。それは学んでいかなくてはならない。そして我々は彼に時間を与えなくてはね」

規律を重んじるファン・ハール監督に対して牙をむくことは許されない。デパイは起用に不満を洩らすことなく、謙虚に練習に励まなくてはならないだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ