リヴァプールの指揮官は初戦を落とさない! クロップも過去の指揮官と並ぶ結果に

なぜか初戦で負けないリヴァプール指揮官

なぜか初戦で負けないリヴァプール指揮官

初陣で勝点を得たクロップ photo/Getty Images

ユルゲン・クロップの初陣となったトッテナム戦はスコアレスドローに終わり、クロップはリヴァプール就任後初の勝ち点を獲得した。就任間もない中で難敵トッテナムとのアウェイゲームをこなすことになり、試合前はトッテナム優位との声が多かった。しかしクロップはリヴァプールの歴代指揮官同様に初戦を落とさなかった。

アメリカ『ESPN』によると、リヴァプールの指揮官は就任後最初の試合であまり敗れた経験がない。1991年4月20日に就任したグレアム・スーネスから数えると、初戦を落としたのはたった1度しかない。

1.グレアム・スーネス 1991年4月20日 ノリッジ・シティに3-0で勝利

2.ロイ・エヴァンス 1994年2月5日 ノリッジ・シティと2-2のドロー

3.ジェラール・ウリエ 1998年8月16日 サウサンプトンに2-1で勝利

4.ラファエル・ベニテス 2004年8月10日 チャンピオンズリーグ予選グラーツァーAK戦で2-0と勝利

5.ロイ・ホジソン 2010年7月29日 ヨーロッパリーグ予選ラボトニツキ戦に2-0で勝利

6.ケニー・ダルグリッシュ 2011年1月9日 FAカップ・マンチェスター・ユナイテッド戦に0-1で敗北

7.ブレンダン・ロジャース 2012年8月2日 ヨーロッパリーグ予選FCゴメリ戦に1-0で勝利

このようにダルグリッシュ以外は負けがなく、クロップもその流れに乗る形となった。まだチームとして完成していない中、アウェーでスコアレスドローに持ち込んだのは評価されるべきで、デビュー戦としては妥当な結果だっただろう。ここからサウサンプトン、チェルシーと難敵が続くが、クロップはどのタイミングでリーグ戦初勝利を掴むだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.234 大会出場選手確定! コパ・アメリカ完全ガイド
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ