バルサのエンリケがスペイン代表指揮官に!?「けっこうやりたいかな……」

デルボスケの後任もあるか

デルボスケの後任もあるか

バルセロナの監督を務めるルイス・エンリケ photo/Getty Images

バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督がスペイン代表指揮官に興味を示している。

現在スペイン代表を指揮するビセンテ・デルボスケ監督は2010年ワールドカップ、EURO2012を制覇。前任のルイス・アラゴネスの流れを上手く保ちながら最強のスペイン代表を作り上げた。しかし2014年ワールドカップではグループステージ敗退に終わり、EURO2016を最後に指揮官の座から降りると伝えられている。

英メディア『スカイ・スポーツ』によると、その後任にルイス・エンリケ監督も興味を持っており、「けっこうやりたいと思っているかな……」と発言している。エンリケ監督は昨季バルサで3冠を達成し、名将の仲間入りを果たした感がある。今季は故障者の影響もあって苦しんでいるが、昨季の功績と、スペイン人指揮官であることを考えると名前が浮上するのは自然な流れだろう。

今の代表チームはペップ・グアルディオラが築いたバルサをヒントに作り上げられている。特に最強だった頃の中盤にはシャビやイニエスタ、ブスケツといったバルサそのままのチーム構成となっており、シャビが代表から離れた今は新たなモデルへと切り替えていかなければならない。そういった意味では、グアルディオラから続いてきたポゼッションを軸とした戦い方に変化をつけたエンリケは適役の1人となるのかもしれない。

どちらにしても最強と言われたスペイン代表の強さを維持するのは難しく、デルボスケの後を継ぐのは簡単なことではない。エンリケがスペイン代表に新たなモデルを植え付けるのか、まずは今季のバルサで強さを見せなくてはならない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ