ベイルは友達が少ない?「多くは僕の電話番号を知らない」

代理人の発言も問題に

代理人の発言も問題に

レアル・マドリードでプレイするFWガレス・ベイル photo/Getty Images

レアル・マドリードの選手同士の関係性はどうなっているのだろうか。先日、ガレス・ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏が「ベイルは世界最高のモデルにもならないし、下着を売るような商業的活動はしない」と発言し、チームメイトのクリスティアーノ・ロナウドのビジネスを批判した。

スペイン『Football Espana』によると、ロナウドはこの発言を不快に感じているという。指揮官のラファエル・ベニテスもこの件についてベイル本人に確認を取り、ロナウドとの間に問題がないことを主張した。ベイル本人もバーネット氏の発言は自身とは関係のないものと主張しているが、ロナウドにとって気持ちの良いものではない。

一方スペイン紙『スポルト』によると、ベイルはチームメイトとの関係性について次のように述べている。

「ウェールズ代表のEURO2016予選通過が決まったとき、ラファエル・ベニテスやマドリードの数人の人からお祝いのメッセージを受け取ったんだ。でもレアルのチームメイトの多くは僕の電話番号を知らないんだよ」

チームメイトからは祝福の言葉をもらうことができなかったようだが、マドリード3年目のベイルの連絡先をチームメイトが知らないのはいかがなものか。仕事はどこまでいっても仕事という考え方もあるが、プライベートでまったくコンタクトを取らないのも不思議な話だ。同メディアはレアルのドレッシングルームが統一されていないと伝えているが、関係性に何か問題を抱えているのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ