無失点ならピッツァをおごる約束は継続中! 完封勝利を望むレスターのラニエリ監督

8試合で15失点の脆さ

8試合で15失点の脆さ

レスターを率いるクラウディオ・ラニエリ監督 photo/Getty Images

日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティ。第8節を終えた段階でリーグ順位5位につける好調ぶりだが、いまだ無失点に抑えた試合はない。

第6節のストーク戦を前にイタリア人監督のクラウディオ・ラニエリは「クリーンシート(無失点)を達成したら、チーム全員にピッツァをおごる」と驚きの提案をしたが、結局2失点を許して引き分け。その後もアーセナル戦を含めてリーグ戦で2試合を戦ったが、完封できない試合が続いている。

ラニエリ監督は「もっと一流の食事にする必要があるのかもしれない。多分彼らにはピッツァだけでは十分じゃなかったんだ」と語り、完封の報酬がピッツァでは物足りず、モチベーションを高めるには起爆剤にはなっていないとボヤいた。英紙『デイリースター』が伝えている。

そして、「チームの選手たちを誇りに思っている。遅かれ早かれピッツァの代金を支払うことになるんだ」とコメントし、前向きな姿勢を見せた。レスターは第9節のサウサンプトンと敵地で対戦するが、そこで初の完封勝利を収めることができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ