ミラン会長が現場にクレーム! 「ミハイロビッチは偉大だが、今は異なる戦術が必要」

土曜日にトリノと対戦

土曜日にトリノと対戦

シルヴィオ・ベルルスコーニ会長(写真左) photo/Getty Images

現在リーグ2連敗中のミランにとうとう”お上”からのクレームが入った。

伊『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えたところによれば、元イタリア首相でミラン会長のシルヴィオ・ベルルスコーニ氏は自らが初代党首を務めた「フォルツァ・イタリア」の党会議に出席した際、苦境に立つミランについて以下のコメントをした。

「ミハイロビッチは偉大な監督だ。彼は選手とうまく付き合っていくための術を心得ている。しかし、今は少しばかり異なる戦術が必要だね」

ミランは6節ジェノア戦で0-1の敗戦、前節ナポリ戦では0-4という大敗を喫し、順位も11位まで後退している。今夏100億円以上の投資を行ったにも関わらず結果が出ていないことに対して、とうとうミランのトップは公の場で監督の戦術に不満を洩らした。

同会長はこれまでにもこういった現場への介入を行ってきた過去があり、ミハイロビッチ監督の選手起用やフォーメーションの選択に影響を及ぼす可能性がある。17日にはトリノと対戦するミランだが、この試合で勝たなければ監督の立場は更に危うくなることが予想される。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ