EURO敗退のオランダ代表、作ってしまった同国史上初の記録とは……

上位陣に0勝だったオランダ

上位陣に0勝だったオランダ

チェコ代表に敗れ、本大会出場を逃したオランダ photo/Getty Images

EURO2016予選でまさかの予選敗退を喫したオランダ代表は、10試合を戦って4勝1分5敗という成績だった。戦力的にはアイスランドやチェコを上回るものがあったはずだが、上位3チーム相手との対戦成績が悪すぎた。

首位のチェコには1-2と2-3で2敗。2位のアイスランドには0-2、0-1と2敗。3位のトルコには1-1、0-3の1分1敗だった。5敗の全てが上位陣相手となっており、予選敗退はもはやサプライズとは言えない。

また、英紙『デイリー・メール』によるとオランダがEURO予選、ワールドカップ予選においてホームで連敗を喫するのは史上初の出来事だ。9月4日のアイスランド戦、そして予選最終戦となったチェコ戦の敗戦で連敗となった。

オランダは予選10試合で17得点14失点という内容だったが、10失点以上喫して予選通過を決めたのはチェコとポーランドだけだ(プレイオフ組は除く)。オランダはEURO2008予選でも15得点と苦しんだが、失点はわずかに5だった。元より攻撃力に注目が集まるチームだが、守備も安定していた。

最悪の空気で予選を終えることになったオランダは今後どうやって立て直すのか、攻守両面において課題ばかりが目立つ予選となった。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ