カシージャスVSデ・ヘア、スペイン代表の正GKにふさわしいのはどっちだ!?

デ・ヘアがウクライナ戦で好パフォーマンス

デ・ヘアがウクライナ戦で好パフォーマンス

虎視眈々とカシージャスのポジションを狙うデ・ヘア photo/Getty Images

スペイン代表は正GKをイケル・カシージャスのままでいくのか、ダビド・デ・ヘアに託すのかで迷っている。

ビセンテ・デルボスケ監督は34歳となったカシージャスから徐々に世代交代を図っていければ良いという考え方だったが、先日のウクライナ戦ではデ・ヘアが見事なパフォーマンスを見せた。西『マルカ』は徐々に世代交代するのではなく、EURO2016本大会からデ・ヘアに任せても良いとの意見だ。

2014ワールドカップでの惨敗後、スペインはEURO予選も含めて12試合戦っている。その全てでカシージャスとデ・ヘアを起用しており、カシージャスが7試合、デ・ヘアが5試合担当している。失点数も3点と同じで、本大会でどちらをスターターに選べばいいのか判断が難しい。デ・ヘアがマンチェスター・ユナイテッドで試合に出ていない状況ならば迷う必要はなかったが、ファン・ハール監督は今夏の出来事を忘れさせるかのようにデ・ヘアを起用し続けている。一方のカシージャスもポルトでゴールマウスを守っている。

主要国際大会での経験はカシージャスの方が圧倒的に上だが、足元の技術などはデ・ヘアの方が優れている。同メディアは先日のウクライナ戦がゴールキーパーの序列を巡る話題に火をつけたと伝えており、どちらが優れたキーパーなのか白黒つける時が近づいている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ