ファーガソンに最悪の補強と言われたベベ「来年にはビッグクラブが追いかけてくる」

ビッグクラブ復帰の野望捨てず

ビッグクラブ復帰の野望捨てず

ファーガソンに失敗補強の一人に挙げられたべべ photo/Getty Images

マンチェスター・ユナイテッド元指揮官のアレックス・ファーガソンは、監督人生の中で最悪の補強がポルトガル人FWベベだったと明かしている。ベベは2010年にマンUに加入し、同じポルトガル人ということから現レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドのような選手になることが期待されていた。

しかしベベは全く結果を残せず、ベジクタシュなど3クラブにローン移籍。その後ベンフィカに売却され、ベンフィカからスペインのコルドバへローン移籍、そして現在はラージョにローン移籍している。元マンUの選手ということが忘れ去られつつあるべべだが、英『デイリー・メール』はベベがマンチェスター復帰も捨てていないと伝えている。

「僕はマンUに戻ることについて考えたことはないけど、決して不可能なことじゃない。もし僕がラージョでシーズン10ゴールを決めれば、僕はビッグクラブとサインできるだろう。来年には再びビッグクラブの多くが僕のことを追いかけてくるはずさ」

そんなベベは現在6試合に先発出場して1ゴールを挙げている。残り9ゴール決めればビッグクラブが彼を追い掛け回すことになるのだろうか。ちなみにベベ獲得をファーガソンに進言したのは13日に日本代表と試合を行ったイラン代表指揮官のカルロス・ケイロスだ。ケイロスは2010年にポルトガル代表監督を務めており、かつてファーガソンの下でアシスタントコーチとして働いた経験から進言していたようだ。しかし全く的外れな進言となってしまった。

最悪の補強と言われた男はマンチェスターならびにビッグクラブから追われる存在へと戻ることができるのか、実現すれば稀に見る復活劇となる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ