[日本代表]ハリルホジッチ 「就任以来最も難しいゲームになるだろう」

アジアの強豪イランと対戦

アジアの強豪イランと対戦

ヴァヒド・ハリルホジッチ監督 photo/Getty Images

親善試合イラン戦を控えるサッカー男子日本代表は12日にテヘランで最終調整を行い、アジアのトップチームとの対戦に備えた。ヴェヒド・ハリルホジッチ監督の前日会見でのコメントをJFA(日本サッカー協会)公式サイトが伝えている。

「私が日本代表に就任して以来、最も難しい試合となるだろう。かなり良いテストになるので、しっかりと解答しなくてはならない」

対戦相手のイランはFIFAランキングでアジアトップとなる39位。今年6月のウズベキスタン戦から数え、代表戦5試合で黒星のないアジアの強豪だ。ハリルホジッチ監督は相手の印象について、「空中戦も守備も強い。フィジカルで戦わなくてはならない」と話し、警戒を強めた。

親善試合のイラン戦では8日のシリア戦と異なり6人まで選手交代を行うことができる。多くの選手の出場が見込まれるが、ハリルホジッチ監督も「国際経験が浅い、特に日本でプレイしている選手がアウェーでどれぐらいやれるかを見てみたい」と話し、国内組の積極的な起用を明かした。

試合は日本時間13日22時30分キックオフ予定。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ