ロジャースがイングランド代表指揮官に!? 代表への貢献が評価か

イングランド人選手を育ててきたロジャース

イングランド人選手を育ててきたロジャース

ロジャースにイングランド代表監督就任の可能性が photo/Getty Images

先日リヴァプールから解任されたブレンダン・ロジャースがイングランド代表の次期監督候補に浮上している。

『FOX Sport』や『テレグラフ』が伝えるところによると、ロジャース、レアル・ソシエダのデイビッド・モイーズ、エヴァートンのロベルト・マルティネスが次期イングランド代表監督候補として浮上している。現在監督を務めるロイ・ホジソンは2016年までの契約となっており、FAはEURO2016本大会での結果で契約を延長するかを決める考えだ。条件は前回大会の決勝トーナメント1回戦敗退を上回る結果を残すことで、ベスト4に入ることが目標だ。

仮にそれが出来なかった場合は2018ワールドカップへ向けて新たな指揮官を迎える可能性もあり、プレミアリーグでの経験も豊富なロジャースやマルティネスといった名前が浮上しているようだ。この2人が評価される理由はイングランド人選手を積極的に育てたところで、ロジャースはジョーダン・ヘンダーソン、ジョーダン・アイブ、ラヒーム・スターリングといったスター候補を育てた。昨年のワールドカップもスティーブン・ジェラードを筆頭にリヴァプールの選手が多く代表に含まれており、イングランド代表への貢献度は高い。

一方のマルティネスはロス・バークリー、将来の主将候補とも言われるジョン・ストーンズ、トム・クレヴァリー、ブレンダン・ギャロウェイらを育てた。FAはガリー・ネビル、ギャリー・モンクといった自国の指揮官に任せたい考えだが、ロジャース、マルティネス、モイーズに関してはプレミアリーグでの経験も豊富なことから信頼されている模様だ。

ホジソンもリヴァプールを解任され、WBAを挟んでイングランド代表の指揮官に就任している。ロジャースが同じステップを踏む可能性もあり、代表でヘンダーソンら教え子と再会する可能性もありそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ