クロップは現役時代からスゴかった! マインツ時代のスーパーゴール集が英国で話題に(動画アリ)

今も昔も変わらないのは

今も昔も変わらないのは

写真右がクロップ photo/Getty Images

ユルゲン・クロップという名前を聞いて多くの人々がイメージするのは、キャップをかぶってベンチコートを着てピッチサイドから情熱的に指示を送る「監督」としての姿だろう。クロップ自身、9日のリヴァプール就任会見で現役時代を「平均的な選手だった」と振り返っている。

しかし、ブンデスリーガが編集した「ユルゲン・クロップ トップ5ゴール」という下の動画を見れば、選手時代のパフォーマンスにも華々しいものがあったことが分かる。現役時代の大半をマインツで過ごしたクロップはFWでプレイし、通算327試合で52ゴールを決めている。得意技はボレーシュートだったようで、英サッカー情報サイト『101 Great Goals』も「ファン・バステンのようだ」と表現してこの動画を紹介している。

現役時代からファンに高い人気があったというクロップ。現役引退からかれこれ14年が過ぎた今も、ゴール後の激しいセレブレーションは彼のトレードマークだ。

動画はこちらから。



参照元:You Tube

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ