クロップが発掘&育成した選手ベスト5! その1人はもちろん……

無名選手を育ててきたクロップ

無名選手を育ててきたクロップ

香川をはじめ、何人もの才能ある若手がドルトムントで開花した photo/Getty Images

ユルゲン・クロップに才能を見出され、ワールドクラスの選手へと変貌していった者は多い。それをリヴァプールでも実現してほしいというのがクラブとサポーターの願いだろう。『リヴァプール・エコー』は今後リヴァプールでもこんなことが起こるかもといった期待を込めて、クロップの補強&育成ベスト5を紹介した。

1.香川真司(セレッソ大阪→ドルトムント 35万ユーロ)

現在ドルトムントでファンタスティック4の一角を担う香川も当時は無名中の無名だった。それがドルトムントで才能が開花し、マンチェスター・ユナイテッドに狙われるまでに至った。同メディアは香川がマンUに移籍する際にクロップと抱き合いながら20分間泣いたといった逸話も伝えており、選手との結びつきの強さもクロップが選手から慕われるポイントなのだろう。

2.マッツ・フンメルス(バイエルン→ドルトムント 350万ユーロ)

バイエルンにとって近年で最も愚かな放出がフンメルスだった。今やドイツ代表の中心選手となり、ワールドクラスのDFへと成長した。両足を巧みに操り、ビルドアップにも貢献できる。それは現在のグアルディオラ体制でも活かされたはずで、悔やんでも悔やみきれないミスだった。

3.ロベルト・レヴァンドフスキ(レフ・ポズナン→ドルトムント 450万ユーロ)

ポーランドの若きFWがドルトムントで103ゴールも記録するとは誰も想像していなかっただろう。レアル・マドリードとの一戦では4ゴールを叩き込み、バイエルンでも1試合5ゴールを記録している。

4.イルカイ・ギュンドアン(ニュルンベルク→ドルトムント 350万ユーロ)

攻撃の組み立てに欠かせなかったMFヌリ・シャヒンがレアル・マドリードに向かうと決まったとき、クロップが連れてきたのがギュンドアンだった。もっと大物を狙うこともできたが、今やギュンドアンもドイツ代表の主軸へと成長している。

5.ウカシュ・ピシュチェク(ヘルタ・ベルリン→ドルトムント フリー)

ヤクブ・ブワシュチコフスキ、レヴァンドフスキ、そしてピシュチェクと、近年のポーランド代表の主軸を担う選手はドルトムントから生み出されている。最近のピシュチェクは負傷も多くなっているものの、攻撃的なサイドバックとしての地位を高めた。

単純に5人で1185万ユーロと、クロップは信じられないほど安いコストでワールドクラスを発掘してきた。リヴァプールでもこのような若手が発掘されるのか。日本のサッカーファンとしては、Jリーグから若手を探し出し、香川のような選手をもう1人生み出してほしいと期待してしまう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ