プレミアに挑む2人目のドイツ人指揮官クロップ。初めての成功者になれるか!?

2014年にマガトが大失敗

2014年にマガトが大失敗

リヴァプールの監督に就任したユルゲン・クロップ。プレミアリーグで成功を掴めるか photo/Getty Images

リヴァプールの指揮官に就任したことが決定した元ドルトムント指揮官ユルゲン・クロップは、ドイツ人史上2人目のプレミアリーグ監督となった。

『デイリー・ミラー』によると、初めてドイツ人指揮官がプレミアリーグにやってきたのは過去にヴォルフスブルクで日本代表MF長谷部誠、シャルケで内田篤人を指導したフェリックス・マガトで、2014年2月14日にフラムの指揮官に就任し、不調に喘ぐチームを立て直すことが期待されていた。

しかし状況は良くならず、結局は2部に降格した。成績は20試合で4勝4分12敗と散々な成績で、就任からわずか7か月で解任されている。サンプルがマガトしかいないのでドイツ人指揮官がプレミアリーグで通用するかどうかを判断するのは難しいが、クロップはプレミアで初めて成功を収めるドイツ人指揮官となることが期待されている。

昨季はドルトムントで苦しんだが、クロップはブンデスリーガで133勝を収めている。同メディアも昨季の苦労は忘れようと伝えており、ブンデスリーガとチャンピオンズリーグで成功を収めたクロップを歓迎している。マガトと同じシーズン途中からの指揮となるが、クロップはリヴァプールをチャンピオンズリーグ出場圏内まで導けるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ