[日本代表]気温は35度! シリアとの首位攻防戦は”熱戦”に

本田は相手のフィジカルに警戒

本田は相手のフィジカルに警戒

日本はグループ最大の敵シリアとの対戦へ photo/Getty Images

W杯アジア2次予選・シリア戦(日本時間8日22時キックオフ)に向けた練習が6日に行われた。JFA(日本サッカー協会)公式サイトが練習の模様と選手のコメントを伝えている。

この日は当日のキックオフ時間である17時に練習を開始。気温が35度近くある中で、フィジカルトレーニング、そして非公開のセットプレイ、戦術練習に入った。

合流が遅れていたMF本田圭佑(ACミラン)は、「シリアは体が強い選手が多い。球際で少しでも相手に遅れをとれば、相手にチャンスを作らせてしまうし、自分たちのチャンスを生み出せない」と話し、グループ最大の難敵とのアウェー戦を見据えた。

シリアは3試合を消化した段階で、勝点9でグループEの首位に着ける。勝点7の日本がこの試合で勝利すれば、順位が直接入れ替わる形になるが、油断はできない。シリアはここまでの3試合で13点の得点を記録し、失点は未だに許していない。日本も失点は0に抑えているが、気温、ピッチなど様々な面で困難が予想される。

本田は9月に行われたカンボジア戦、アフガニスタン戦で得点を挙げており、3戦連発にも期待がかかる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ