ファン・ハールの左遷人事発動、ロホはロシアへ飛ばされる!?

2度ファン・ハールをムッとさせたロホ

2度ファン・ハールをムッとさせたロホ

2度も監督を怒らせてしまったロホ。3度目でロシア行き!? photo/Getty Images

ファン・ハールの左遷人事は着々と準備されている。

『メトロ』によると、マンチェスター・ユナイテッドDFマルコス・ロホがゼニトへ放出される可能性があるという。ファン・ハールはすでに1月に移籍を完了させるために準備を進めているようだが、ファン・ハールとロホと言えばパスポート問題が思い出される。

アルゼンチン代表の一員としてコパ・アメリカに参加していたロホは、パスポートの更新を怠ってプレシーズンへの参加が遅れたことが問題となった。14万ポンドの罰金処分が言い渡されたものの、ファン・ハールはこの一件でロホにチェックを付けたはずだ。さらに、9月20日のサウサンプトン戦でハムストリングに問題を抱えたロホは、負傷の全てを明らかにしなかったことでファン・ハールとの間に嫌なムードが流れていたようだ。

チームの管理に厳しいことで有名なファン・ハールがこれらの問題を見逃すはずもなく、左遷へ動き始めている。ロホは左のセンターバックとサイドバックとしてプレイ可能だが、センターバックでは高さの問題が不安視されたダレイ・ブリントがクリス・スモーリングと良好なコンビを築いている。ルーク・ショーの負傷以降は左サイドバックの穴が埋まっていない状況だが、左利きのロホはファン・ハールの構想には入っていないということなのだろうか。

また、ロシアのゼニトへの放出はファン・ハールの哲学に合っている。開幕前からファン・ハールと問題を抱えていたGKビクトール・バルデスにチェルシーやリヴァプールといったクラブが関心を示していたが、ファン・ハールは国内移籍は認めない考えを示した。現在ゼニトがロホにオファーの提示を準備しているようだが、ファン・ハールにとってもロシア行きの方が良いかもしれない。

ファン・ハールの目につく行為をした者、哲学に従わなかった者は左遷される運命にあるのか。ロホがロシアに飛ばされる可能性は大いにありそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ