ついに『BBC』も報じる! 「クロップは3年契約でリヴァプールへ」

休養を早期に引き上げ

休養を早期に引き上げ

リヴァプール就任が今週中にも発表か photo/Getty Images

4日のエバートン戦後に解任されたブレンダン・ロジャース監督の後任としてリヴァプールを率いることが有力視されていた元ドルトムント監督、ユルゲン・クロップ氏だが、いよいよその交渉が大詰めを迎えている。

英『BBC』は6日、「リヴァプールのクロップ招聘が間近に迫る」と報じ、現在行われているクラブと監督側の交渉が今週中に終わる見込みであると伝えた。同メディアによれば、クロップはリヴァプールと3年契約を結び、ドルトムント時代の同僚であるゼリコ・ブバチ、ペーター・クラヴィツの2人のコーチを引き連れてイングランドに渡る。

クロップ監督は08-09シーズンから7シーズンに渡ってドルトムントを指揮。就任前に13位だったチームを見事立て直し、10-11シーズンから翌シーズンにかけてブンデスリーガを連覇。12-13シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ決勝進出まで果たしたドイツ屈指の名将だ。

特に若手選手の育成で高い評価を得ており、以前からリヴァプールからの関心が伝えられていた。今年5月末を以ってドルトムントの監督を退いてからは休養を宣言していたが、名門復活のために早期の復帰を果たすことになった。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ