「また俺かよ……」ベンゼマの交代が多すぎるとスペインメディアが指摘

リーグ戦ではロナウドに比べて200分近い差がある

リーグ戦ではロナウドに比べて200分近い差がある

途中交代の多いFWカリム・ベンゼマ photo/Getty Images

「ベンゼマを途中で代えたりはしない」と語ったフランス代表監督のディディエ・デシャン。これはレアル・マドリードでベンゼマが途中で代えられることが多いことを指した発言だが、同監督の指摘通り今季は途中交代が多い。

これがラファエル・ベニテスの言うローテーションなら良いが、『アス』によるとベンゼマは今季126分もベンチに座っている。開幕戦はそもそも負傷でベンチには入っておらず、復帰した2節のレアル・ベティス戦からは先発出場を続けているため、途中交代だけで126分間もベンチを温めていることになる。チャンピオンズリーグを含む9試合でフル出場を果たしたのはシャフタール戦とマラガ戦の2試合のみだ。

ベンゼマはここまで594分間ピッチに立ち、7得点決めている。単純に計算すると84分に1本決めていることになり、1試合1点ペースだ。それでも同点に終わったアトレティコ・マドリード戦では後半途中でベンチに下げられており、ベンゼマは残しておいた方が良いとの意見もある。

一方、エースのクリスティアーノ・ロナウドには途中交代が1度もない。ロナウドが交代を嫌う性格であることも影響しているが、どこか交代させられない空気が漂っている。ロナウドは元より守備にも戻らず、スタミナも豊富ではない。後半に守備固めをするならロナウドを代える方が得策という試合展開もあるはずだが、彼は常にピッチに残っている。

同メディアはベンゼマがバルセロナのルイス・スアレスやネイマールと同じような立場にあると伝えており、交代を嫌うリオネル・メッシの代わりにスアレスらが下がるパターンと同じなのだ。ベンゼマは交代の際に不満げな表情を見せることもあるが、「また俺かよ……」とイライラしているのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ