CR7の時代が終わる? 2010年以来の無得点記録を作ったロナウド

メッシ不在で得点王争いリードのチャンスだが……

メッシ不在で得点王争いリードのチャンスだが……

クリスティアーノ・ロナウドは決定力が落ちている? photo/Getty Images

バルセロナFWリオネル・メッシが負傷で2か月ほど離脱することが分かったとき、今季の得点王はレアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドに決まったかと思われた。しかしロナウドはアトレティコ・マドリード戦でも得点を奪えず、リーグ戦では4試合連続で得点がないことになった。

『ESPN』によると、ロナウドが4試合連続で得点を奪えなかったのは2010年以来のことだ。アトレティコ戦で蹴ったフリーキックがリーグ戦での今季50本目のシュートとなったが、ここまでエスパニョール戦の5得点しか決まっていない。この決定率は近年のロナウドに比べると圧倒的に落ちており、アトレティコ戦でも6本のシュートのうち枠内シュートはわずか1本だった。

チャンピオンズリーグのシャフタール戦でハットトリック、マルメ戦で2得点とカップ戦では好調を維持しているものの、やはり年齢と共に衰えてきているのだろうか。チームの得点源がロナウドである以上、ロナウドが得点を取らなければチームの得点数も自然と下がってしまう。開幕7試合で複数得点を奪ったのは3試合だけで、昨季はリーグ戦38試合で複数得点を奪えなかったのは5試合しかない。ライバルのバルセロナが躓いているため、昨季と同じような大量得点でのスタートが切れればすでに勝ち点差をつけられていたはずだ。

リーガ2強時代がメッシとロナウドによって作られたものだとするなら、彼らが衰えることで時代も終わりに向かっていくのだろうか。リーグ戦でなかなか得点が奪えないロナウドに引きずられるように、レアルもどこかおかしくなっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ