K・ナバスのPKストップ数が凄い! 半分以上止めている結果に

ナバスがいなければ負けてた可能性も

ナバスがいなければ負けてた可能性も

レアル・マドリードで活躍するGKケイラー・ナバス photo/Getty Images

「何だか止めてくれそう」と感じたレアル・マドリードサポーターは多かったのではないか。

レアル・マドリードGKケイロル・ナバスがまたしてもPKを止めた。アトレティコ・マドリードFWアントワーヌ・グリーズマンの蹴ったボールもコースは悪くなかったが、完璧に読み切って外に弾き出した。ナバスなら止めてくれるかもしれないと感じたのは当然で、『マルカ』によると、ナバスはリーガ・エスパニョーラで迎えた13度のPKのうち6本しか決められていない。全てセーブしたわけではなく、枠を外れたものもあるが、半分以下に抑えているのはすごすぎる。

ナバス相手に決められなかったのはダビド・ビジャ、ホルヘ・モリーナ、ルベン・カストロ、アントワーヌ・グリーズマン、イヴァン・ラキティッチ、マヌエル・カサド、ミケル・サン・ホセの7人だ。彼らはナバスの餌食となっている。

しかし今回の試合はルシアーノ・ビエットに同点ゴールを許してドローに終わり、一部では勝ち点3を逃したとの声もある。それでも冷静に振り返るとナバスのPKストップがなければチームは負けていた。ナバスはビエットの同点ゴールをチーム全体のケアレスミスから起こった失点だったと語ったが、PKを与えた場面もセルヒオ・ラモスの不注意から始まっている。ビエットのゴールもアルバロ・アルベロアがサイドでボールを失ったところからスタートしており、この試合はどちらかといえば負け試合だったはずだ。

ナバスがいたから負けずに済んだ。今のレアルを救っているのは間違いなくナバスだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ