原口が”ジャックナイフ”のようなドリブル披露! ヘルタはイビシェビッチ2ゴールなどで快勝

ハンブルガー酒井が今季初出場

ハンブルガー酒井が今季初出場

原口とマッチアップする酒井。この後は日本代表として中東の地に向かう photo/Getty Images

ブンデスリーガ第8節が3日に行われ、FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンとDF酒井高徳が所属するハンブルガーが対戦した。

インターナショナルウィーク突入前のこの試合、先日発表された日本代表23名に選ばれた2名がメンバー入りを果たした。原口は先発、酒井はベンチからのスタートとなっている。

立ち上がりはボールが落ち着かない展開になったが、スコアは突如として動いた。15分、ペナルティエリア手前でボールを受けたヘルタFWカルーが振り向きざまにシュートを放ち、これが決まってホームチームが先制に成功する。

先制を許したハンブルガーは、エクダルの強烈なミドルシュート、ラソッガの強引な突破からのシュートなど惜しい場面があったものの得点は奪えず、試合を折り返した。ブルーノ・ラッバディア監督は後半から酒井高徳を投入。ここまで7試合で出番のなかった酒井にとっては今季初出場となった。

70分、原口が右サイドで”ジャックナイフ”のような切れ味鋭いドリブル突破を見せる。最初に対面したボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFスパヒッチを鋭い切り返しでかわすと、続いてやって来た酒井も深い切り返しで抜き去る。この後左足でゴール隅を狙ったカーブショットを放ったが、このシュートは惜しくも枠外。決まれば今節のベストゴールに入ってもおかしくない、見事な一連の流れだった。

試合は後半に入ってから動かない時間帯が続いたが、ヘルタが試合を決めにかかった。75分に左サイドを突破したダリダのラストパスにイビシェビッチが合わせてヘルタがリードを2点に広げると、そのわずか2分後にも再びイビシェビッチが追加点。このまま試合を3-0で終えた。原口はフル出場を果たしている。

[メンバー]
ヘルタ・ベルリン:ヤーシュタイン、ヴァイザー、シュタルク(→へゲラー 74)、プラッテンハルト、ルステンベルガー、ダリダ、チゲルチ(→シュトッカー 82)、シェルブレ、カルー(→バウムヨハン 70)、原口、イビシェビッチ

ハンブルガー:ドロブニ、ディークマイアー、スパヒッチ、ジュルー、オストルツォレク(→酒井 46)、フント、エクダル、ディアス(→イリチェビッチ 62)、ホルトビー、ラソッガ、ミュラー(→オリッチ 74)

[スコア]
ヘルタ・ベルリン 3-0 ハンブルガー

[得点者]
ヘルタ・ベルリン:カルー(15)、イビシェビッチ(75, 77)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ