ピッチ外の見どころは? バイエルンの対ドルトムント戦8つの豆知識! 

尊敬するグアルディオラとの対決に向かうトゥヘル

尊敬するグアルディオラとの対決に向かうトゥヘル

ドルトムントの監督として初めてバイエルンと対戦するトゥヘル(写真右)。世界が注目する一戦だ photo/Getty Images

ドイツ中の注目を集める今節最大の大一番、バイエルン・ミュンヘン対ドルトムント(日本時間5日午前0時30分キックオフ)。「ドイツ・クラシコ」という触れ込みも付けられたこの試合を前に、独『ビルト』紙はバイエルンのドルトムント戦における過去の豆知識を8つ紹介した。

1:ここ3年半の間でバイエルンとドルトムントは16回の対戦を行っている。

2:ブンデスリーガ創設以降(1963〜)バイエルンが最も大きなスコア差で勝利したのは対ドルトムント戦。1971年11月27日にホームで行われた試合で、これは11-1という記録的大勝だった。

3:バイエルンはホームで行われた直近のドルトムント戦5試合で1勝しかしていない。

4:ブンデスリーガ創設以来バイエルンがホームで初黒星を喫したのは1965年10月に行われたドルトムント戦だった。

5:DFラフィーニャはこれまでバイエルンの試合で退場したことが2回しかなく、そのどちらもドルトムント戦だった。

6:MFトーマス・ミュラーのブンデスリーガ初ゴールは2009年9月12日のドルトムント戦。この試合では2ゴールを挙げている。

7:直近のドルトムント戦8試合でアリエン・ロッベンは7ゴールを挙げている。

8:キャリアの中でグアルディオラが同じチームに負けたのはレアル・マドリード、並びにドルトムントの4回が最高記録。(ドルトムントのうち1回は昨季ドイツ杯準決勝でのPK戦)

近年のブンデスリーガで覇権を争ってきた2チームの対戦は様々な場所で行われてきたが、3年半で16回の対戦という数字がそれを雄弁に物語っている。ドイツ杯、そしてドイツ・スーパー杯などでの顔合わせも多く、12/13シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ決勝の舞台でもこの2チームが対戦した(2-1でバイエルンが勝利)。

この8つの豆知識に付け加えるならば、今季からドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督がバイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督のファンであることを常々公言していることも重要な点だ。今季のドルトムントはユルゲン・クロップ監督時代のカウンターサッカーに、トゥヘル監督の志向するポゼッションサッカーを合わせたものに変化を遂げており、より柔軟な戦い方ができるようになった印象だ。ポゼッションサッカーを完成させたと言っても過言ではないグアルディオラ監督にトゥヘル監督がどのような試合を展開するのか、それも気になる点だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ