食事を取っていい順番はオレが決める! これぞファン・ハール流

チームスピリットはどこから生まれるのか

チームスピリットはどこから生まれるのか

マンチェスター・ユナイテッドを率いるファン・ハール監督 photo/Getty Images

30日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ・ヴォルフスブルク戦に勝利したマンチェスター・ユナイテッド指揮官のルイ・ファン・ハールは、0-1から逆転したチームのスピリットに満足していると選手を称えた。マンUの監督に就任して以降、ファン・ハールは自身の哲学と同時にチームのために戦うスピリットを植え付けてきたのだろう。では、どうやってそのスピリットは形成されるのか。おそらくこれを理解している選手はほとんどいないだろう。彼らは知らず知らずのうちにファン・ハールの哲学にはまっているのだ。

『デイリー・メール』によると、ファン・ハールはキャリントンの練習場で昼食を取る際に特殊なルールを決めているという。それは食事を取りに行く人を指揮官のファン・ハールが決めることだ。ファン・ハールはテーブルごとに取りに行っていい順番を決めているようで、この順序は毎回変わる。基本的には練習中の態度やパフォーマンスによって順序が決められているようだが、はっきりした法則は分かっていない状態で、ファン・ハールのみぞ知ることになっている。

練習後は選手もお腹が空いているはずで、来た者から食事を取りたいと思うはず。しかしそれをするには練習でベストなパフォーマンスを見せろというわけだ。これに困惑している選手も多いようだが、ここではファン・ハールがすべてのルールだ。

また、テーブルも長方形のものを円を描くように並べ、食事中も議論を交わすことが出来るようにしている。そこでもファン・ハールの哲学が注入されており、食事中でも耳を傾ける必要がある。こうした日常生活の中から哲学は知らず知らずのうちに選手たちにインプットされ、チームスピリットに繋がっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ