ロナウドがラウールを打ち破る! わずか7シーズンでクラブ歴代最多得点記録を更新

スウェーデン生まれた偉業

スウェーデン生まれた偉業

ラウール・ゴンサレスとクリスティアーノ・ロナウド photo/Getty Images

30日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ、グループA第2節でレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドは、スウェーデンのマルメ戦で2ゴールを奪取。ロナウドはレアル・マドリードでの通算得点を324に伸ばし、レアル・マドリードのレジェンド、ラウール・ゴンサレスが保持していたクラブ歴代最多得点の323ゴールという記録を更新した。

その試合で序盤からボールを保持して攻め込んだレアルだったが、先制点はカウンター攻撃から奪取。29分、MFコバチッチのロングフィードを受けたMFイスコが相手の股を通すパスをクリスティアーノ・ロナウドへ送ると、マルメのGKヴィランドとの一対一を制してゴールをこじ開ける。このゴールでラウールの保持する記録に並ぶと、試合終了間際の90分、ルーカス・バスケスの折り返しのクロスを左足で合わせて追加点を重ね、得点記録を上回る偉業を達成した。

クリスティアーノ・ロナウドは「試合後にラウールが祝福のメッセージを送ってくれた。とてもうれしいし、ラウールもそうだと確信している。僕が彼の記録を破るのに良い時期だったと心から言ってくれた」とコメントした。クラブの公式サイトが伝えている。

ラウール・ゴンサレスはレアルの下部組織出身。1994年に当時のクラブ最年少記録となる17歳と4ヶ月でトップチームデビューを果たし、2009-10シーズンまでレアル・マドリードでプレイ。およそ16シーズンをかけてこの記録を打ち立てたが、マンチェスター・ユナイテッドから2009-10シーズンに加入したクリスティアーノ・ロナウドはわずか7シーズン目にしてその記録を打ち破った。

ただレアル・マドリードとUEFAの間では、クリスティアーノ・ロナウドの得点数の集計に相違があり、UEFAは323ゴールでラウールの記録に並んだと伝えている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ