2年前の夏を振り返るルーニー 「監督に退団を考えていると話したら……」

トランスファー・リクエスト提出については否定

トランスファー・リクエスト提出については否定

起用を巡って確執があったルーニーとファーガソン監督 photo/Getty Images

マンチェスター・ユナイテッド主将ウェイン・ルーニーは、2013年夏にクラブを離れることを考えていたことを認めた。『BBC』制作ドキュメンタリーの内容の一部を英『メトロ』が伝えている。

「僕はファーガソン監督のところに行って、起用するつもりがないなら自分は移籍した方が良いかもしれないと言ったんだ」

2012年夏にロビン・ファン・ペルシが加入したことにより、ルーニーはアレックス・ファーガソン監督(当時)にとってCFの2番手に下げられた。同紙によれば、チャンピオンズリーグのレアル・マドリード戦に先発から外されたことで不満を抱いたという。

「そしたらそれが突然、僕がトランスファー・リクエストを出したと新聞で報道されてしまってね。僕はそんなものを出していないのだけど。どうしてそんなことになってしまったのか、自分にも分からないよ」

ルーニーは移籍を考えていたことは認めたものの、移籍志願を提出したというメディアの報道に関しては明確に否定した。同シーズンでファーガソン監督が退任し、デイビッド・モイーズ監督が後任として就任したことでこの移籍騒動は収まりを見せた。モイーズ監督はルーニーをチームの不可欠な選手とし、ルーニーは退団の選択を取り下げている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ