不振の昨季王者チェルシー 指揮官は「絶対的な選手いない」明言

古巣との対戦へ

古巣との対戦へ

選手にはもっと安定感が必要と話すモウリーニョ監督 photo/Getty Images

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は28日、チャンピオンズリーグ(CL)・ポルト戦の前日会見に臨み、現在のチームについての考えを話した。クラブ公式サイトが伝えている。

「現在のチームに絶対的な存在はいない。そういった選手には素晴らしいプレイをするだけじゃなく安定感が求められるんだ。ここには良い選手がいる。昨シーズンは最高だったかもしれないが、サッカーは昨日まででなく、今日の結果で評価するべきだ」

2勝2分け3敗と、低調なシーズンスタートを切ったチェルシー指揮官は「外すことのできない選手がいるか」という質問に対して厳しい返答をした。6節アーセナル戦では2-0の勝利を収めたチェルシーだが、前節ニューカッスル戦では2-2のドロー。優勝した昨季と比べればたしかにパフォーマンスは不安定で、連勝につながっていない。モウリーニョ監督はチームに対する信頼を語ったうえで、選手にはより安定感が必要だという考えを明かしている。

また、29日の対戦相手については「ポルトは難敵。しかし彼らもこのゲームを簡単なものになるとは考えていないだろう」とし、気を引き締めた。

モウリーニョ監督にとってポルトは2002年から2年間率いた古巣クラブ。2004年には同クラブのCL優勝に経験し、歴史の一部となった。会見の前にクラブミュージアムを訪れたという指揮官は、「素晴らしい時間だった」と話し、「その歴史の中に当事者として関わることができたことは感動的だよ」と懐かしんでいる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ