スアレス、スタリッジ、F・トーレス…… リヴァプール最高の点取り屋は?

最高の得点率を誇る選手は意外にも……

最高の得点率を誇る選手は意外にも……

スターリッジ復帰はリヴァプールのポジティブな話題だ photo/Getty Images

フェルナンド・トーレス、ルイス・スアレス、ダニエル・スタリッジは近年のリヴァプールで活躍したストライカーだが、誰が最も頼れる男なのか。一般的に考えれば13-14シーズンにプレミアリーグ得点王となったスアレスだろう。同選手がバルセロナに引き抜かれてから、リヴァプールはストライカー探しに苦戦している。

しかし『メトロ』によると、最も頼れるストライカーはスタリッジだ。スタリッジは先日のアストン・ヴィラ戦で2得点をマークし、解任が囁かれるブレンダン・ロジャースを救った。

スタリッジのすごさは得点率にも表れており、リヴァプールの選手としてリーグ戦57試合で37得点を決めている。得点率は0.65だ。13-14シーズンに得点王となったスアレスは110試合で69得点で0.63、トーレスは102試合65得点で0.64。さらに歴代の話になると、ワンダーボーイことマイケル・オーウェンは216試合118得点で0.55、英雄ロビー・ファウラーは266試合128得点で0.48だ。過去のストライカーと比べてもスタリッジの得点率はずば抜けている。

少し負傷が多いのが欠点だが、あのスアレスを超える得点率を誇っているのは驚きだ。マリオ・バロテッリ、リッキー・ランバート、ロベルト・フィルミーノ、クリスティアン・ベンテケとストライカーを次々に連れてきているリヴァプールだが、スタリッジに勝る者はいない。

スタリッジが復帰した今、リヴァプールは再び走り出そうとしている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ