17年ぶりの首位に立ったフィオレンティーナ! ソウザ監督も喜び

バデリに賛辞尽きず

バデリに賛辞尽きず

パウロ・ソウザ監督 photo/Getty Images

首位インテルとの直接対決で4-1の大勝を収め、首位に立ったフィオレンティーナ。ヴィンツェンツォ・モンテッラ監督に代わって今シーズンから指揮を執るパウロ・ソウザ監督は、この結果に満足感を示した。

「試合をうまくスタートすることができた。チームはシーズン開始から攻撃面でも、守備面でも継続性を発揮しているね。他のチームが我々よりも多額の投資を行ってきたことは既に話したが、遠慮するつもりは一切ない。自分たちにはクオリティがあり、どの試合にだって勝てるということを知っているのだからね」

伊『スカイ』に対してそう話すソウザ監督。1999年以来となる首位の座に立ったチームを称賛し、続けて自らのサッカー観についても話した。元ポルトガル代表MFである監督はユヴェントス、インテルといったクラブでプレイした経験を持つ。

「自分のサッカーに対する考え方は、現役時代からの影響を大いに受けている。試合を支配するにはボールをコントロールするということ、そして同じくらい守備が大切だということをね。それらを私はイタリアでプレイした期間に学んだよ」

また、中盤で成長を続けるクロアチア代表MFミラン・バデリには称賛の言葉を贈った。

「彼は自分のポジションへの理解が深まるごとに向上している。彼はボールを持ってプレイすることを好み、動きの中に関わっていくんだ。それは攻撃だけじゃなく守備でも我々を助ける重要な役割だよ」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ