原口、長谷部に独紙が厳しめの評価 ヘルタとフランクフルトの一戦は痛み分けに 

マイアーが既に4ゴール

マイアーが既に4ゴール

後半から左サイドに移り、チャンスを作り出した原口 photo/Getty Images

ブンデスリーガ第7節が27日に行われ、MF長谷部誠が所属するフランクフルトとFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンが対戦し、1-1で引き分けた。長谷部はフル出場、原口は88分に途中交代でピッチを退いている。

試合はホームのフランクフルトが先制した。21分、CKからマイアーが頭で押し込み、今季4点目を挙げる。昨季19ゴールを挙げて得点王に輝いたエースは、4月に膝の手術を行い、8月に復帰したばかりであるにも関わらず絶好調だ。

右サイドハーフで先発した原口は、前半こそボールに絡めなかったものの、後半にポジションを左サイドに移してから存在感を見せる。59分には得意のドリブルからイビシェビッチにラストパス。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWはこれをしっかりと決めたが、判定はオフサイド。最終ラインに残っていたフランクフルトの選手は長谷部だった。

このまま試合終了かと思われた82分、試合が動く。相手のクリアミスを拾ったヘルタMFダリダが冷静にゴール隅を狙ったシュートで同点にすると、そのまま試合終了の笛が鳴った。両チームは勝点1ずつ手にしている。

独『ビルト』が試合後に発表した速報採点(1が最高点、6が最低点)では、長谷部、原口ともに「4」とやや厳しめの採点が付けられている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ