9分間に5得点のレヴァンドフスキ、1人でアーセナルやユヴェントスを超える結果に

すでにCL優勝はバイエルンとの声も

すでにCL優勝はバイエルンとの声も

最速ハットトリックを達成したレヴァンドフスキ photo/Getty Images

バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキがヴォルフスブルク戦で見せた5得点は圧巻だった。わずか9分間で5得点を決め、最速ハットトリック、史上最速得点の記録を塗り替えた。しかもレヴァンドフスキは途中出場であり、試合の流れを掴むのが難しい状況下で5得点を挙げた。

何より目を引いたのは10分以内に決めたスピードだ。『Squawka』はレヴァンドフスキが9分で5得点なのに対し、アーセナルは6試合で5得点、ユヴェントスは5得点、リヴァプールに至っては4得点だと伝え、レヴァンドフスキの9分間に負けていることをアピールした。

まさに戦術はレヴァンドフスキといったような10分間であり、同メディアはバルセロナですら9得点しか決めていないと伝えた。これでレヴァンドフスキはリーグ戦5試合で8得点となり、得点ランクトップだ。それをドルトムントFWピエール・エメリク・オバメヤンが1点差で追っていることも驚きだが、現在のバイエルンとドルトムントの得点ペースは異常だ。

すでにバイエルンがチャンピオンズリーグ優勝候補の筆頭だとの声もあるが、確かに新戦力のドウグラス・コスタの絶妙なフィット感、ペップ・グアルディオラから信頼を得つつあるマリオ・ゲッツェ、中盤に欠けていた激しさをプラスするアルトゥーロ・ビダル、レヴァンドフスキと共にゴールを量産するトーマス・ミュラーと、チームは恐ろしいほどに快調だ。

昨季は故障者の影響で終盤戦で苦労したが、フルメンバーで臨むことができればCLの優勝も充分に可能だろう。レヴァークーゼン、ヴォルフスブルクと難敵をクリアした今季のバイエルンは一味違う。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ