運命の10日間が始まる!? リヴァプールOBがロジャース監督の去就についてコメント

結果が出ないリヴァプール

結果が出ないリヴァプール

重大な局面を迎えるロジャース監督 photo/Getty Images

元リヴァプールDFで現在は英『BBC』でコメンテーターを務めるマーク・ローレンソン氏は、同番組内で古巣を率いるブレンダン・ロジャース監督の解任が間近に迫っているという見解を述べた。

「監督が難しい仕事だと分かっているから私はクビ切りを好まないのだが、彼はもう6試合も勝っていない。2部のチームにPK戦で勝利したことを除けばね。あれほど今夏の移籍市場で選手を補強したにも関わらずだ」

困難な状況に理解を示しつつもロジャース監督を手厳しく批判したローレンソン氏。リヴァプールは8月17日のボーンマス戦以降リーグ4試合で白星がなく、連勝した開幕2試合も1-0と芳しくない内容だ。クリスティアン・ベンテケ(約62億円)、ロベルト・フィルミーノ(約57億円)といった選手を高額移籍金で獲得しながら結果が出ていないことに対し、解任の噂は日増しに現実的なものになっている。

続いてローレンソン氏は、今後の10日間がロジャース監督の今後を大きく分けるだろうと話した。

「次の3試合のどれかを落としたら、彼はもう限界を迎えると思う。アストン・ヴィラ戦(26日)もそうだし、エバートンとのダービー(10月4日)もあるからね。彼にとっては非常に重大な10日間になるだろう」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ