今季のベンゼマは違う! 2011年に自身が作った記録に並ぶ

点取り屋らしい動きを見せたベンゼマ

点取り屋らしい動きを見せたベンゼマ

公式戦5試合連続得点を達成したベンゼマ photo/Getty Images

今季のカリム・ベンゼマは一味違う。

レアル・マドリードFWカリム・ベンゼマは23日のアスレティック・ビルバオ戦で2得点を記録し、チームを勝利に導いた。ベンゼマはビルバオのホームスタジアムであるサン・マメス・バリアでは得点を決めたことがなかったが、そんな負の記録を見事に破ってみせた。

また、これでベンゼマはベティス戦、エスパニョール戦、シャフタール戦、グラナダ戦に続いて5試合連続得点となり、『マルカ』は2011年に達成した自身の記録に並んだと伝えている。

レアルのラファエル・ベニテス監督はベンゼマに20から25ゴールを奪うことを要求しており、ここまでの滑り出しは実に快調だ。この日の1点目も相手の不用意すぎるバックパスを見逃さず、往年のラウール・ゴンサレスを思わせる抜け目のない動きで貴重な先制点をもたらした。2点目もチームが同点に追いつかれた苦しい中での得点で、昨季はここまで重要な場面で得点を奪うことはなかったかもしれない。

ベニテス監督は試合後にクリスティアーノ・ロナウドとベンゼマが2トップの形になっていた時間帯が良かったと語り、ベンゼマを最高の9番だと高く評価している。この試合でもロナウドが頻繁に中央に入ってプレイしていたが、ベンゼマにはこのスタイルが合っているのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ